トレンド・プロ

トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 10,000 件の制作実績を誇ります。

インタビュー/対談

トレンド・プロが様々なジャンルで活躍される方々にインタビュー!

すべて見る
  • 1本

変わらない組織を本気で変えたい!組織開発で大事なポイントとは

「職場や組織をもっとよくしていきたいのに、何をしたらいいのかわからない」とお悩みの方も多いことでしょう。それには、社員一人ひとりが働きやすい職場や組織を目指す組織開発というアプローチが必要です。 そこで今回は、これまで多くの企業の組織開発を手がけてきた石橋宜忠氏に、正しい組織開発の進め方や考え方、組織をマネジメントする上で大切なことを教えていただきました。 経営者の方はもちろん、現場のリーダーや組織開発を推進していきたいとお考えの方に、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スキ
24

インナーコミュニケーション

トレンド・プロのインナーコミュニケーション関連の記事を集めました。「トレンド・プロではこんな取り組みをやってます!」

すべて見る
  • 1本

テレワークでの交流、どう増やす?~雑談を4コママンガに~

皆さまこんにちは!トレンド・プロ広報担当の絹巻(キヌマキ)です。 トレンド・プロでは、社員同士のコミュニケーションを増やす目的で、月1回オンラインで「雑談会」をはじめました。 テレワーク中でも社員同士が円滑に話せる仕組み作りの一環として開催する雑談会。ただ雑談するのではなく、トレンド・プロのサービスである「マンガ」を活用したイベントとして企画しました。社内からも、「テレワークで皆さんとお話しする機会が減っている中、自由に雑談できることがとても楽しかったです」などの反響を呼

スキ
20

SNS関連記事

Twitter、Instagram、TikTok…様々なSNSをどう活用すればより効果が得られるのか?など、SNS運用のヒントになる記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 6本

Z世代社員がセレクト!2022年Z世代でブームの予感!Instagramアカウントまとめ

Instagramの国内月間アクティブユーザーは2022年2月時点で3,300万人。LINE、Twitterに次いで多くの人々に日々利用されているSNSです。 この記事では、そんなInstagramで2022年にZ世代を中心にブームの予感がする、注目すべきアカウントをご紹介。 ちなみに本記事のInstagramアカウントを選んだ筆者・鈴木もZ世代女子! 今回ご紹介するのは、そんな私も実際にフォローしているアカウントたちです! この記事を読んでいただくことで、Z世代の最新流行を

スキ
10

発信するネタに困ったら見るnote!バズったTwitter投稿【ホワイトデー編】

もうすぐホワイトデー。企業公式SNSでも、ホワイトデーにちなんだ投稿が毎年おこなわれています。 自社の商品やキャラクターを活かした素敵なものや、中にはシュールなものや自虐的(!?)なものまで、企業ごとのカラーが出ているユニークな内容が盛りだくさん! 本記事では、2021年のホワイトデーに企業の公式Twitterアカウントがどんな投稿をしていたのか、ジャンルに分けてご紹介します。ぜひ今年のホワイトデーの投稿の参考にしてみてくださいね。 ■商品系 ・マツダ株式会社 ・丸亀

スキ
10

発信するネタに困ったら見るnote!バズったTwitter投稿15選【ひな祭り編】

季節のイベントは、いつの時代も盛り上がるもの。イベントに合わせて、企業の公式Twitterがユニークな投稿をしているのをよく見かけますよね。 この記事では、企業の公式Twitterアカウントが2021年の「ひな祭り」の日にどんな投稿をしていたのかをジャンルに分けて紹介します。 「今年のひな祭り、どんな投稿にしよう……?」と困った際の参考になれば幸いです。 ■自社の商品を活用した例 食品やメーカーなど、ひな祭りと関係の深い商品を取り扱っている企業では、自社の商品を活用した

スキ
10

踊らないTikTokで44万フォロワー越え トレンド・プロ社員が語る 企画で勝つ運用術

前編では主にTikTokの有用性や、その新規性について多くを語った形になりましたが、 今回の後編でお伝えしたいのは、その新規性・有用性をどう使うことで企業や個人にとって大きな利となるのかについてです。 私は、これまで得た知見から「狙いに行く」方法があると言いました。 あまりにも早く移り変わるトレンドの中で、その方法を一つの答えとしてご紹介したいと思います。 復習:TikTokを理解する 主にTikTokの特性や、その新規性は前述の通り前章にて解説しています。 (前編はこち

スキ
5

Z世代を知ろう

トレンド・プロが調べて作成した”Z世代に関する記事”を集めたマガジンです。記事作成にはZ世代の社員も関わっています。Z世代のリアルな声を知ることができるかも…?

すべて見る
  • 3本

Z世代社員がセレクト!2022年Z世代でブームの予感!Instagramアカウントまとめ

Instagramの国内月間アクティブユーザーは2022年2月時点で3,300万人。LINE、Twitterに次いで多くの人々に日々利用されているSNSです。 この記事では、そんなInstagramで2022年にZ世代を中心にブームの予感がする、注目すべきアカウントをご紹介。 ちなみに本記事のInstagramアカウントを選んだ筆者・鈴木もZ世代女子! 今回ご紹介するのは、そんな私も実際にフォローしているアカウントたちです! この記事を読んでいただくことで、Z世代の最新流行を

スキ
10

Z世代の消費傾向まとめ

「Z世代」とは、1990年後半頃~2012年頃に生まれた世代を指します。 社会のブームやトレンドは若い世代が起点となって広がることが多いため、これからの時代を担うZ世代の消費傾向や流行りを押さえることは、マーケティング活動において非常に重要です。 この記事では、Z世代の代表的な消費傾向をまとめてご紹介いたします。 中にはZ世代だけでなく社会全体に浸透している消費傾向もありますが、目に見える現象だけでなく社会的な背景も合わせて整理することで、よりZ世代への理解が深まりマーケテ

スキ
314

2021年の流行から見えてきた! Z世代の特徴とこれから関心の向く先とは?

近頃メディアでよく取り上げられる「Z世代」という言葉をご存じですか?日本においては、2021年現在で10~20歳あたりの世代を指す名称です。 絶えず新しい流行を作り出すZ世代の若者たち。2021年に彼らを中心に流行したものから、この世代の特徴が見えてきます。 今回の記事では、そんな消費の中心を担うZ世代の特徴、そして2022年以降どのような商品・サービスに彼らの関心が向くのかを見ていきましょう! Z世代の特徴とは? Z世代に明確な定義はありませんが、主に1990年代中盤か

スキ
16

マーケティング/ビジネス

マーケターやビジネスマン必見の記事を集めてみました。

すべて見る
  • 4本

企業ブランディング漫画6選!【広報・マーケ・採用担当必見】

皆さんは広告漫画と聞いて、どのようなものを想像するでしょうか。 ここ数年の間にYouTubeやSNS上で広告漫画を見かける機会も増えましたが、どこか怪しかったり押し売り的な印象を持つ人も多いかもしれません。 しかし、単純なPRだけでなく話題化・顧客ロイヤリティ向上までを達成した、非広告的でエンタメ性の高い広告漫画も中には存在します。 そこで、本記事ではトレンド・プロが今まで制作してきた非広告的企業ブランディング漫画をご紹介しますので、広報・マーケ・採用担当者の方々は、是

スキ
16

Webtoonから名作は生まれるか?~コスパコンテンツの時代~

Webtoonの勢いが止まらない。 ここ1年間でWebtoon事業に参入する国内の出版社、電子書店、漫画アプリ、コンテンツ制作会社が爆増した。 ※下記の記事に現状がわかりやすくまとめられている。 また、先日ついに集英社・小学館のWebtoon事業参入が報じられた。 いったいなぜ、Webtoonはこれほどまでに流行っているのか? これからも流行り続け、漫画のニューノーマルになり得るのか? そして、四半世紀語り継がれる「名作」はWebtoonから生まれるのか? この記

スキ
18

【4ヶ月で2万着】コロナ禍でヒットしたスーツとは?「〇〇離れ」に寄り添う商品開発3選

メディアで度々耳にする、「○○離れ」というワード。 若い世代は何から離れ、一方で何を生活に取り入れる傾向にあるのでしょうか? 数多く存在する「○○離れ」の中から、本記事では3つの例をピックアップして、その背景と併せてご紹介します。 1.アルコール離れ アルコール度数の高い「ストロング系」を好む人が一定数いる一方で、「お酒を飲まない人・飲めない人」も顕在化していると言われています。これは若者に限らず幅広い年代に見られる傾向です。 この背景の一つには、欧米で「ソーバーキュリ

スキ
14

生産性はどう変わった?企業事例から学ぶテレワーク成功のポイント

コロナ禍がきっかけとなり、多くの企業でテレワークが導入されました。初の緊急事態宣言から1年以上が経過した現在では、テレワークを実施した様々な企業の結果データを見ることが可能です。 テレワークに関するアンケート調査では、生産性が向上した企業も見られる一方で、生産性が低下したという回答も見られます。どのような点がテレワークの生産性に違いをもたらしているのでしょうか。 この記事では、テレワークに関するデータや、生産性の向上に成功した企業の事例を紹介します。 テレワークを実施し

スキ
8