【8例】「松竹梅効果」とは? マンガ&図解で解説します
見出し画像

【8例】「松竹梅効果」とは? マンガ&図解で解説します

トレンド・プロのnoteでは、マーケティングや広告、採用、ブランディングなど、ビジネスにおける「伝え方」のテクニックを発信しています。

今回は販促で活用されることの多い「松竹梅効果」について解説します。

「松・竹・梅」メニュー、どれが一番人気?

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_001

このように商品・サービスのグレードや価格に3段階の差をつけて販売する手法は様々な業界で活用されています。

3種類に分けることで真ん中のグレード・価格の商品が選ばれやすくなることを、マーケティング用語で「松竹梅効果」と呼びます。

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_002

松竹梅効果は「人はちょうど良いもの・無難なものを選ぶ」という傾向を上手く利用した手法です。選ばれやすい「竹」を利益率が高い商品にすることで、販売利益を最大化することができます。

ただし、この効果を活用する際に気を付けなければならない点が2つあります。

1つ目は「むやみに選択肢を増やしすぎないこと」。必要以上に増やしてしまうと、選択することを放棄してしまう「選択回避の法則」が働き、そもそも購入に繋がらないケースも。

2つ目は「必要以上に価格を上げた“松”を用意しないこと」。単純に「利益を出したい!」という気持ちだけでむやみに高く設定した“松”を用意すると、お客様の信頼を失いかねません。価格設定は慎重に行いましょう。
 
以下では「松竹梅効果」の事例と、あわせて類似効果もご紹介します!

事例①:オリジン弁当

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_003


事例②:Amazon Kindle

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_004

また、「数字の印象によって行動を左右する」という点で松竹梅効果と共通する、いくつかの類似効果も合わせてご紹介します。訴求したい商品やサービスの特徴に合わせて、どの効果を活用すべきか検討するのがよいでしょう。

類似事例:アンカリング効果

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_006

類似事例:フレーミング効果

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_007


松竹梅効果をマーケティングに活用する際は、ターゲットに合っていて、かつ十分に利益の出る“竹”の価格で商品を売り、お客様の反応やニーズに合わて“梅”“松”のラインナップを検討するのがオススメです。

商品・サービスの提供価値と価格帯を再検討する際、今回ご紹介した事例を参考にしてみてはいかがでしょうか?

トレンド・プロのnoteでは、

・マーケティング
・広告

・採用

・社員教育
・啓蒙、ブランディング

…などなど、ビジネスにおける「伝え方」の課題を解決するヒントになる情報を定期的に発信しますので、興味のある方はぜひフォローいただけると嬉しいです。

株式会社トレンド・プロ

ad-manga.com

画像7

★おすすめ記事★


この記事が参加している募集

最近の学び

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!他の記事も見てみてね!
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。