コロナ禍の消費傾向~巣ごもりで生じた3つの変化~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍の消費傾向~巣ごもりで生じた3つの変化~

トレンド・プロ

未だ猛威を振るい続けるコロナの影響により、私たちの消費傾向にも様々な変化がみられました。

この記事では、コロナ禍の消費傾向についていくつかピックアップして解説します。コロナ禍での需要の変化をまとめて整理してみることで、今後のマーケティング、営業戦略を改善するためのヒントが得られるかもしれません。

①ECサイトの利用増加

画像A(EC)

国土交通省の発表によると、巣ごもり需要により2020年度の国内での宅配便取扱個数が前年度と比べて11.9%増加し、過去2番目に大きい伸び率を記録しています。
(参考:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210806-OYT1T50394/)

ECサイトの成功例として広く知られているのが、アパレル大手のユニクロです。デジタル広告やテレビCMでECサイトの認知度を向上させ、2020年3−5月期のEC売上は前年同期比47.7%増の281億円と大きく業績を伸ばしています。

ユニクロのECサイトの特徴として「商品ごとにお客様の声が見やすいUI」が挙げられます。購入者の評価を確認できることは不安や疑問の解消に繋がりやすく、購入の後押しになります。
(参考:https://netshop.impress.co.jp/node/7832)


②サブスク利用の増加

画像B(サブスク)


「サブスク」は2019年の流行語にノミネートされるなど、コロナ渦以前から注目されつつありましたが、コロナ渦で生活様式が変化したことで利用者が急激に増えました。それまでサブスクを提供していなかった企業も既存サービスにサブスクを組み合わせるなど、企業側にも新しい動きが広がっています。

中でも、ユニークで話題となったサブスクには以下のような例があります。

香水サブスク「COLORIA」
https://coloria.jp/lp/fragrance_calendar

様々な香水が楽しめるサブスク「COLORIA」は、テレワークでの気分転換として注目されました。高額な香水でもサブスクなら気軽に試しやすいと話題になり、会員数は1年で10倍以上も増加しています。
(参考:https://news.yahoo.co.jp/articles/fb0b73824df5ad582c7bd303ecc266e9e0c104d1)
絵画サブスク「Casie」
https://casie.jp/

絵画に馴染みのない人でも、いつもの生活空間に手軽にアートを取り入れられるサブスクです。コロナ禍の巣ごもり生活で「リモートワークの背景に彩りが欲しい」「おうち時間が増えたから、部屋になにか変化が欲しい…」などのニーズが高まり、注目を浴びるサブスクサービスとなりました。
(参考:https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00347/00008/)

過去に弊社トレンド・プロでは「日々の生活に関するお役立ち情報を、マンガで発信する」取り組みの一環として、Casie様とコラボしマンガを作成いたしました。

■その他
フィットネスのサブスク  (例:LAVA おうちヨガ+)
ファッションのサブスク  (例:EDIST. CLOSET)
美容のサブスク  (例:GALLEIDO BEAUTY MEMBER)
お花のサブスク  (例:LIFULL FLOWER)
車のサブスク  (例:NOREL)
おもちゃのサブスク  (例:キッズ・ラボラトリー)
家具・家電のサブスク  (例:Subsclife)
食材のサブスク  (例:らでぃっしゅぼーや)

③オンライン○○

画像C(オンライン)

コロナ禍では「オンラインレッスン」「オンラインライブ」「オンライン飲み会」など、様々な「オンライン○○」が注目されるようになりました。

オフラインの雰囲気は味わえませんが、自由度が高く気軽に参加できたり、旅費や移動時間の心配がなくなるなどの要素が評価されています。

オンライン○○をいくつかご紹介いたします。

■オンライン接客
不動産賃貸仲介会社のアパマンショップは、オンラインでスタッフから説明を受けたり、内覧できるサービスを提供しています。感染リスクが気になる方も気軽に家探しができると話題になりました。
■オンラインツアー
旅行業界大手のJTBは、2020年8月からオンラインで旅行気分を味わえる「オンラインツアー」の提供を開始しました。
現在は、離れた家族や友人にツアーをプレゼントして、一緒に参加できるプランも販売。帰省が難しい中、離れていても一体感を味わえるサービスとして打ち出しています。
(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000767.000031978.html)
■その他
オンラインヨガ
オンライン家庭教師
オンライン秘書
オンライン水族館
オンラインキャバクラ
オンライン銭湯
オンライン婚活
オンラインパーティー
オンライン検診
オンラインギフト
オンライン似顔絵
オンライン物産展
オンライン内見  
 など

まとめ

ここまで、コロナ禍の消費傾向と事例をご紹介しました。

弊社トレンド・プロでは、お客様から「巣ごもり需要があるうちに、マンガ広告でサービスの認知度を高めたい」とご相談をいただくことがあります。

コロナ禍で新たに始めたサービスの利用者を増やすための手段として、マンガ広告も選択肢の1つとしてご検討いただけると嬉しいです。

株式会社トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。

ad-manga.com

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!他の記事も見てみてね!
トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。