見出し画像

【Clubhouse】マンガ&図解で「希少性の法則」を解説【5例】

トレンド・プロのnoteでは、マーケティングや広告、採用、ブランディングなど、ビジネスにおける「伝え方」のテクニックを発信しています。

今回は販促で活用されることの多い「希少性」について解説します。

音声SNS「Clubhouse」の希少性

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_009

最近SNSを中心に話題になっているClubhouseのように、供給量をあえて増やさないことによって商品価値を高めることを、マーケティング用語で「希少性の法則」と呼びます。

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_011

商品やサービスがレアでなかなか手に入らないと、価値がより高く感じられることを「希少性の法則」と言います。

効果的な「希少性」に対するお客様の反応

・なかなか出会えないから、今ここで買わないともう買えないかもしれない!

・この商品はいつ来ても売り切れているから、きっとそれだけ良いものなんだ!

・これを手に入れれば周りから羨ましがられるかも…!

このような感情が、希少性の代表例です。
この法則をマーケティング・販促に活かして成功した事例は数多く存在しますので、本記事でチェックしていきましょう!

事例①:ダイヤモンド

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_012


事例②:ホテル予約サイト「Booking.com」

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_013


事例③:ステーキ丼専門店「佰食屋」

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_014

その他「希少性」パターン

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_015

「希少性」の調査事例

s_note「松竹梅」事例図解_0125のコピー_010


商品やサービス価値を追求するあまり「どうしても提供できる数が少なくなってしまう」ことは、ビジネスにおいて非効率的だと感じるかもしれません。

しかし、今回ご紹介した「希少性の原理」を活用することで、希少性とともに商品・サービスの魅力をより効果的に見せることも可能です。

例えば、
「職人手作りのカバン」に希少性を加えると
「職人が1日10個しか作らない手作りカバン」となり、
職人の”こだわり”が伝わりやすくなります。

このように希少性の表現は、希少価値とともに商品本来の価値を伝える手助けにも活用できます。お客様に商品・サービスの価値を伝える際、今回ご紹介した事例を参考にしてみてはいかがでしょうか?

トレンド・プロのnoteでは、

・マーケティング
・広告

・採用

・社員教育
・啓蒙、ブランディング

…などなど、ビジネスにおける「伝え方」の課題を解決するヒントになる情報を定期的に発信しますので、興味のある方はぜひフォローいただけると嬉しいです。

株式会社トレンド・プロ

ad-manga.com

画像8

★おすすめ記事★


マンガ制作なら実績No.1(1900社 9,000件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!他の記事も見てみてね!
企業のメッセージ(広告 PR 採用 社員教育 etc...)をマンガに変換する会社です。伝えたい情報に興味を持ってもらえない、思うように伝わらない…などのお悩みをマンガで解決します。noteではマンガ&図解でビジネス情報をご紹介します。https://ad-manga.com