【5事例】 顧客単価をアップさせる! マンガ&図解で「アップセル」を解説
見出し画像

【5事例】 顧客単価をアップさせる! マンガ&図解で「アップセル」を解説

トレンド・プロ

トレンド・プロのnoteでは、マーケティングや広告、採用、ブランディングなど、ビジネスにおける「伝え方」のテクニックを発信しています。

今回は販促で活用されることの多い「アップセル」について解説します。

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_001


「アップセル」とは、既存のお客様に対して、より上位グレードの商品やサービスを購入してもらうことを指すマーケティング用語です。アップセルを上手く導入することで、顧客一人あたりの単価向上に繋がります。

 また、別のマーケティング用語「クロスセル」と混同されがちですが、こちらは全く別の商品やサービスをいわゆる「抱き合わせ」の形で購入を促す手法を指します。

以下ではアップセルによって成功した事例を5つまとめてご紹介します。

事例①  Chatwork、Slack

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_002

事例②  ヤクルト球団のファンクラブ

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_003

事例③  Spotify

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_004

事例④  大塚商会

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_005

事例⑤  Dropbox

u_note_アップセル_フロントエンド_0201のコピー_006


アップセルは、成功すれば効率的に売り上げアップが期待できる手法です。上位サービスに満足していただくことで、顧客との継続的な関係を維持する手助けとなる場合もあります。その一方で、お客様に伝えるメッセージを誤ると顧客の信頼を失ってしまうケースもあるため注意が必要です。

アップセルを成功させる施策は、下記条件を押さえておくことが重要です。

・顧客情報、ニーズを正確に把握・分析した結果をもとにしている
・適切な価格設定、商品ラインナップを用意
・顧客ロイヤルティを下げない工夫がある

この記事で紹介した各社の成功例を参考に、顧客への最適なアプローチ方法や商品価値の伝え方を検討してみてはいかがでしょうか。


トレンド・プロのnoteでは、

・マーケティング

・広告

・採用

・社員教育

・啓蒙、ブランディング

…などなど、ビジネスにおける「伝え方」の課題を解決するヒントになる情報を定期的に発信しますので、興味のある方はぜひフォローいただけると嬉しいです。

株式会社トレンド・プロ
ad-manga.com

画像7

トレンド・プロ公式note
https://note.ad-manga.com

★おすすめ記事★




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!フォローもよろしくね!
トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。