今企業は【e-Sports】に手を出すべき!~トレンド・プロ社員が語るメタバースの世界~
見出し画像

今企業は【e-Sports】に手を出すべき!~トレンド・プロ社員が語るメタバースの世界~

トレンド・プロ

皆さん「e-Sports」という言葉に聞き覚えはあるだろうか。
それでは、「メタバース」という言葉はどうだろう。

Facebook社が社名を「Meta」に変更してしまうほどだし、
AmazonがオリジナルのMMORPGをリリースしたことは衝撃的だった。

いま我々が存在する世界におけるビジネスはネクストステージに進もうとしている。

そのステージこそ「メタバース」と呼ばれる世界なのだ。
ちょっと複雑怪奇な話になりますが、お付き合いいただけると幸いです。

トレンド流!メタバースかんたん解説!

画像2

メタバースと言って、具体的なイメージがつく方がいまだ珍しいかもしれない。
では、メタバースとは何なのか。

筆者の浅はかな理解ではあるが、簡略化した説明をさせていただこう。

正確ではないだろうが、ものすごく単純に言えば、
「サマーウォーズ」や「竜とそばかすの姫」に出てくる仮想世界や、
ソードアート・オンライン等のMMORPGの世界が近いのではないだろうか。

現実ではないもう一つの(メタ)世界(ユニバース)である。

ただし、筆者としては、もうひとつ条件を足したいと思う。
経済活動が自転できるか否かという点である。

肉体そのものを別の次元に置き換えることは、生きている間には不可能だろう。
なんというか、マトリックスのような世界が来たら私達は有無を言わさずメタバースで生きることになるわけだが……。

だからこそ、この新しい世界では「生きる」ことが重要なのではない。
お金を稼ぎ、使い、また稼ぐ。
経済活動が現実と同じように起こるか否かが、メタバースと従来の仮想世界の違いだろう。

メタバース:プロトタイプこそe-Sportsの世界!?

画像1

さて、メタバースがなんだかSFチックな話だということはよくわかったと思う。
しかしながら、このメタバース、身近なものから生まれているのだ。

「ゲーム」である。

世の中のお父さん、お母さん。
ゲームはもう子供がやるものではなくなるんですよ!


ROBLOXというゲームをご存知だろうか。
サンドボックスゲームで、ゲームの中でサンドボックスと呼ばれるキューブ型テクスチャを使ってなにかを作ったり、
それを公開したり、販売したり、コミュニティスペースでアバターを使った交流をしたり、
無限の楽しみ方が内包されたゲームがROBLOXです。

画像3

(参照:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.roblox.client&hl=ja&gl=US)


最もメタバースに近いと呼ばれているゲームで、
世界的なアパレルブランドであるGUCCIやNIKEともコラボしたことがある。
小規模ながらゲーム内に経済圏を生み出したことが、ROBLOXが偉大と呼ばれる所以である。

NFTを含むブロックチェーン技術の発達によって、
無形財産に価値が生まれることが茶飯事となったとは言え、
未だに経済活動が完結するような世界はまだ生まれていない。

それは、未だにゲームという無形の世界の価値と、
現実に存在する有形の価値、データには置き換えられないと考えている価値、
これらこそが、様々なハードルを生み出しているのだ。

だからこそ、今企業は「e-Sports」に手を出すべきだ。

e-Sportsは「ゲームであっても、遊びではない」の名セリフがぴったりくる世界なのはご存知だろうか。

大事なことなので、もう一度言いましょう。
世の中のお父さん、お母さん、”ゲームは子供がやるもの。”ではもうないのです。

今現在、
この先どうとでも転ぶであろうメタバースの世界でビジネスを始めようとするのは、
GAFAや世界的な大企業に任せておけばいいのだと思う。

ではそれ以外の企業が、次世代ビジネスに参入するためには……?

その答えが「e-Sports」にあると考える。

後編では、
トレンド・プロが身を持って飛び込んだe-Sportsの世界のお話をしようと思う。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!フォローもよろしくね!
トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 10,000 件の制作実績を誇ります。