テレワークでの交流、どう増やす?~雑談を4コママンガに~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テレワークでの交流、どう増やす?~雑談を4コママンガに~


皆さまこんにちは!トレンド・プロ広報担当の絹巻(キヌマキ)です。

トレンド・プロでは、社員同士のコミュニケーションを増やす目的で、月1回オンラインで「雑談会」をはじめました。

テレワーク中でも社員同士が円滑に話せる仕組み作りの一環として開催する雑談会。ただ雑談するのではなく、トレンド・プロのサービスである「マンガ」を活用したイベントとして企画しました。社内からも、「テレワークで皆さんとお話しする機会が減っている中、自由に雑談できることがとても楽しかったです」などの反響を呼びました。

今回のnoteでは、2021年9月に実施したイベントの、企画から反響までの全貌をお話したいと思います!社内コミュニケーションにお悩みの方、イベントを企画したいと考えている方に、すこしでもヒントになれば幸いです。普段マンガを読まない・書かない人にも、おすすめしたい内容になっていますので、ぜひ導入してみてくださいね。

実施の背景

画像5

弊社トレンド・プロ(社員数約30名)では、2020年4月ごろからテレワークが導入されましたが、コロナ禍による突然の移行だったため、コミュニケーションの仕組みが整っていないまま1年半ほど経っていました。

特別仲が良い社員以外とは、業務以外のコミュニケーションが生まれず、それに伴いちょっとした質問や提案もしにくい状態でした。特に、20卒の新入社員は、先輩社員と対面で話す経験がほぼ無いままテレワーク導入となってしまったため、よりコミュニケーションを取りづらい環境になっていました。

そんな状況を打破するため、企画したのが今回の「雑談会~4コママンガを添えて~」です!

イベントの目標
・テレワーク下でも社員同士のコミュニケーションの機会を増やす
・社員がお互いに相談しやすい環境作り
・部署をまたいだコミュニケーションの創出


「雑談会~4コママンガを添えて~」の内容

スクリーンショット 2021-10-25 12.05.23

雑談会を企画するにあたり、気を付けた事が2つあります。

①ただのおしゃべり会にならないこと。
何かしらメンバーについての気付きや、世間や情勢について学びがある機会にしたいと考えました。

②目的を持ってイベントに参加してもらうこと。
せっかく業務時間中に実施するのだから、ただの休憩時間にならないよう、イベントを設計しました。

また、各グループの人数が多すぎると1人あたりの喋る時間が減ってしまう懸念があったので、1グループあたり3名とし、制限時間は60分として設けました。
これらをふまえ、作ったイベント内容が以下です。

Twitterの「トレンド」からメンバー共通で興味感心のあるワードを1つ選び、それをテーマにアイスブレイクする。

雑談(30~40分程度)

話した内容で印象的だったエピソードを4コマにまとめる。(20~30分程度)
※メンバー内で作業が偏らないよう役割分担する。
※作画のクオリティは問わない。
※コミュニケーションが目的なので、マンガ制作に時間をかけすぎないよう注意。

後日、全社員のSlackチャンネル内にマンガを投稿。

おもしろいと思ったマンガの投票を含めた、イベントの評価アンケートを実施。


Twitterのトレンドから話題を探す工程が、気を付けた事の「①(ただのおしゃべり会にならないこと)」に当てはまり、
4コママンガを作ることが「②(目的を持ってイベントに参加してもらうこと)」に当てはまります。

②の対応としては、話した内容を文章でまとめる方法もありましたが、やはり4コママンガの形にした方が、積極的に他チームの内容を読んでもらえると考えました。もちろん、トレンド・プロがマンガを扱う会社であり、マンガ好きの社員も多く、楽しんで取り組んでもらえるから、という理由もありますが。(トレンド・プロ社員は基本的に編集をしているため、意外と自分でマンガを描く機会が少ないんです。普段絵を描かない人のマンガも読んでみたい…という私の個人的な願望もありました。笑)

イベント実施期間は2週間とし、9/13~9/24の期間に社員全員がイベントに参加しました。

アンケート結果

次に、イベント実施後のアンケート結果をご紹介します。

まず、「イベントにどのくらい満足されましたか」という質問に対し、「大満足」「満足」と答えたのは96%でした(よかった…!)。

「4コママンガ制作はいかがでしたか?」という質問に対しては、「楽しく取り組めた」が64%という結果となりました。

一方、「4コママンガ制作は次回も実施したいですか?」という質問に対しては、「ぜひ実施したい」が44%、「頻度を減らして実施したい」が48%という結果となりました。トレンド・プロとしても初めての取り組みであった4コママンガ制作は、「楽しかったが毎月作るのは大変」という意見が多いようです。

とはいえ、アンケートには好意的なコメントが沢山寄せられました。その一部をご紹介します。

「今回は企画・運営いただきありがとうございました!!ただ雑談するよりも「4コマを作る」という共通の目的のもと雑談するのがとてもやりやすかったです。そのため4コマがなくなったとしても、共通の目的があるとありがたいなと感じました。※4コマ制作、読む楽しさの方が作る大変さを上回るので、私は賛成派です!」

「イベント企画、ありがとうございました!テレワークで皆さんとお話しする機会が減っている中、自由に雑談できることがとても楽しかったです。4コマ漫画も、他の社員のイラストを拝見したりするのが楽しかったので、またやりたいな~と思いました!

休憩時間にならないように、と導入した4コママンガ制作でしたが、共通の目的のもと雑談するのがとてもやりやすかった、というコメントの通り、普段コミュニケーションをあまり取らない人同士の雑談会には、潤滑油の役割を果たしたようです。


4コママンガの紹介

それではいよいよ、雑談会で制作された4コママンガをご紹介いたします。(トレンド・プロ社員は編集者がほとんどで、漫画家ではないので絵のクオリティについてはご容赦ください。笑)

まず、アンケートで1位の指示を集めたCチーム!

cチーム四コマ

社歴20年のベテランデザイナー(永)と、社歴3年営業担当の(只)、20年に新卒で入社した(鈴)と、バラバラの属性のメンバーが集まったこのチーム。「テレワーク病」をテーマにマンガを制作しました。同じテレワークという環境でも、人によって過ごし方が全く違いますよね。3名の社員それぞれの個性を垣間見れる、すてきなマンガで、堂々の1位となりました!

2位以下のマンガは以下に掲載しますので、ぜひご覧ください。

スクリーンショット 2021-10-25 11.55.26

スクリーンショット 2021-10-25 11.55.41

おわりに

コミュニケーションのために、雑談の場を設ける企業は増えてきていますが、ともすれば単なる休憩時間になってしまいがちな雑談会。トレンド・プロでは、Twitterのトレンドから話題を作ること、雑談の内容をマンガにすることなどで、目的を持ちつつ楽しめるコミュニケーションイベントとなりました。オンライン、オフライン問わず、社内でのコミュニケーションを活性化させたいと考えている方、ぜひ4コママンガ制作を導入してみてはいかがでしょうか?


今後は、アンケート結果をふまえて雑談会自体は毎月実施・4コママンガ制作は隔月で実施していく予定です。また4コママンガを制作したらnoteで公開しますね!
イベントの内容についての不明点や、「うちの会社ではこうしてるよ!」などのご意見がございましたらぜひお聞かせください!

株式会社トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。

ad-manga.com

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!他の記事も見てみてね!
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 9,500 件の制作実績を誇ります。