発信するネタに困ったら見るnote!バズったTwitter投稿15選【ひな祭り編】
見出し画像

発信するネタに困ったら見るnote!バズったTwitter投稿15選【ひな祭り編】

トレンド・プロ

季節のイベントは、いつの時代も盛り上がるもの。イベントに合わせて、企業の公式Twitterがユニークな投稿をしているのをよく見かけますよね。

この記事では、企業の公式Twitterアカウントが2021年の「ひな祭り」の日にどんな投稿をしていたのかをジャンルに分けて紹介します。

「今年のひな祭り、どんな投稿にしよう……?」と困った際の参考になれば幸いです。

■自社の商品を活用した例

食品やメーカーなど、ひな祭りと関係の深い商品を取り扱っている企業では、自社の商品を活用した投稿を行っています。

・カルピス

・キングジム

・株式会社 明治

・Pokemon Go Japan

・HHKB OFFICIAL

実際のツイートを見てみると、ひな人形と商品(もしくはミニチュア)を一緒に撮影したものが多いようです。自社の商品を投稿することは、ともすれば宣伝色が強くなってしまい、敬遠されるリスクもあります。しかし、イベントと関連させることで多くのユーザーが受け入れやすい投稿を作れます。

そのよい事例として、「HHKB OFFICIAL」を見てみましょう。こちらはパソコンのキーボードメーカーという専門性の高い企業のアカウントですが、キーボードをひな人形に見立てた写真を投稿することで、普段の投稿よりも多くのいいねやリツイート数を獲得しています。

また、「Pokemon Go Japan」やカルピスのように、ユーザーに「○○してみましょう」と具体的な行動を呼びかける投稿は、「やってみました!」のようなリアクションを促しやすい投稿です。実際に、これらの投稿には多くのリプライや引用リツイートが寄せられています。

■キャラクター系

日本は世界でもまれに見るキャラクター文化の発達した国であり、子どもから大人まで幅広い層にファンを持つキャラクターが多数存在します。これらの公式アカウントの投稿を紹介します。

・カピバラさん

・ポムポムプリン

・すみっコぐらし

キャラクター系の投稿は、すでにキャラクター自体の知名度が高いため、いいねやリツイートが生まれやすいという特長があります。

多くの人になじみのあるひな祭りというシチュエーションを絡めてツイートすることで、「かわいい」「癒やされる」といった感想のリプライ、画像内のキャラクターの表情や衣装に対するポジティブな反応を獲得しています。

■企業が自社キャラクターを活用

親しみやすさや覚えやすさを獲得するために、企業やブランドがキャラクターを運用することもあります。ここでは、これらの公式アカウントを紹介します。

・Ponta

・チキンラーメン ひよこちゃん

・不二家

企業やブランドのキャラクターのアカウントでも、先ほどご紹介したキャラクター系投稿と同じような投稿が行われています。

キャラクターとイベントの組み合わせは親しみやすさを感じるためか、どのツイートも好意的な反応が寄せられています。

■地方自治体のキャラクター

次は、地方自治体のキャラクター(いわゆる「ゆるキャラ」「ご当地キャラ」)のアカウントの投稿を見てみましょう。

・ふっかちゃん(深谷市)

・くまモン東京スタッフ(熊本県)

自治体のキャラクターの強みは、その自治体の特産品や行事などと関連させてツイートできることです。宣伝色のあるツイートですが、ユーザーに印象を残すことができます。

■その他

・どうぶつの森

・花王アタック

ゲームでは、季節のイベントに関連したアイテムの配布やゲーム内イベントが行われることがあります。そのため、これらに関連した投稿を行うことにより、Twitterユーザーの関心を引くだけでなく、ゲームのプレイヤーを増やしたりアクティブユーザーを獲得したりといったことも期待できます。

また、花王アタックのように自社サービスがイベントと関連性のない場合でも、思わず目を引くような画像や動画を投稿すると、「それ、どうやってるの?」と思わずリアクションしてしまうものです。

ただし、特殊な絵文字を使う場合、閲覧環境によってはうまく表示されないこともあるため注意が必要です。必ず事前に確認してから投稿しましょう。

まとめ

今回は、企業アカウントのひな祭りの投稿をご紹介しました。これを参考に、ひな祭りをきっかけとしたユーザーとのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

Twitterは文章や画像だけでなく、マンガとも相性のよいSNSです。親しみやすく・分かりやすくものごとを伝えられるマンガ広告は、Twitter上でよい反響を期待できます。トレンド・プロでは、幅広いマンガ制作・活用方法をご提案しております。興味がおありのご担当者様は、ぜひお気軽にご相談ください!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

マンガ制作なら実績No.1(2000社 9,500件)、創業30年のトレンド・プロにご相談ください

ありがとッピ!他の記事も見てみてね!
トレンド・プロ
トレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げました。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、約 2,000 社 10,000 件の制作実績を誇ります。